fbpx

情報セキュリティポリシーに基づく監査のチェックリスト

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は情報セキュリティポリシーに基づいて監査を行う際のチェック項目例を公開しています。
本記事では、どのようなことに注意して監査を行うべきか、このチェックリストを元に考察します。

情報セキュリティに対する組織的な取り組み状況

・情報セキュリティに関する経営者の意図が従業員に明確に示されているか
・情報セキュリティ対策に関わる責任者と担当者が明示されているか
・管理すべき重要な情報資産を区分しているか
・重要な情報については、入手、作成、利用、保管、交換、提供、消去、破棄における取り扱い手順を定めているか
・外部の組織と情報をやり取りする際に、情報の取り扱いに関する注意事項について合意を取っているか
・従業者(派遣を含む)に対してセキュリティに関して就業上何をしなければいけないかを明確にしているか
・情報セキュリティに関するルールの周知と、情報セキュリティに関わる知識習得の機会を与えているか

物理的セキュリティ

・重要な情報を保管したり、扱ったりする場所の入退管理と施錠管理を行っているか
・重要なコンピュータや配線は地震などの自然災害や、ケーブルの引っ掛けなどの人的災害に配慮し適切に配置・設置しているか
・重要な書類、モバイルPC、記憶媒体などについて、整理整頓を行うと共に、盗難防止対策や確実な廃棄を行っているか

情報システム及び通信ネットワークの運用管理状況

・情報システムの運用に関して運用ルールを策定しているか
・ウイルス対策ソフトをはじめとしたアプリケーションの運用を適切に行っているか
・導入している情報システムに対して、最新のパッチを適用するなどの脆弱性対策を行っているか
・通信ネットワークを流れる重要なデータに対して、暗号化などの保護策を実施しているか
・モバイルPCやUSBメモリなどの記憶媒体やデータを外部に持ち出す場合、盗難、紛失などに備えて、適切なパスワード設定や暗号化などの対策を実施しているか

情報システムのアクセス制御の状況及び開発、保守におけるセキュリティ対策の状況

・情報(データ)や情報システムへのアクセスを制限するために、利用者IDの管理(パスワードの管理など)を行っているか
・重要な情報に対するアクセス権限の設定を行っているか
・インターネット接続に関わる不正アクセス対策(ファイアウォール機能、パケットフィルタリング、ISPサービス等)を行っているか
・無線LANのセキュリティ対策(WPA2の導入等)を行っているか
・ソフトウェアの選定や購入、情報システムの開発や保守に際して、情報セキュリティを前提とした管理を行っているか

情報セキュリティ上の事故対応状況

・情報システムに障害が発生した場合、業務を再開するために何をすべきかを把握しているか
・5-2情報セキュリティに関連する事件や事故等(ウイルス感染、情報漏えい等)の緊急時に、何をすべきかを把握しているか

これで、すべての監査項目を網羅できるわけではありませんが、情報セキュリティポリシーを運用する上で最低限、上記の項目は監査の対象にするべきでしょう。