通信規格「5G」のサービス開始の背景にある、サイバー攻撃増加への懸念

2020年からサービスが始まるとされているモバイルの次世代通信規格「5G」において、今まで以上の情報セキュリティの必要性が懸念されております。

現在の通信規格の主流である4GLTEと比較して、5Gに接続できる端末の数は100倍以上に増加するとみられております。
自動車や工場の制御システム、一般家庭における家電製品などの「IoT化」により、それらを狙ったハッキングや遠隔操作などのサイバー攻撃による被害が想定されております。

【参照URL】
次世代通信規格「5G」社会で重要性が増す情報セキュリティ