Amazonなりすますフィッシングメール流行 フィッシング対策協議会注意喚起

8月22日フィッシング対策協議会から、新たに「Amazon」になりすまし個人情報を盗み取る目的のフィッシングメールが確認されたとして注意喚起を促しております。

確認されているフィッシングメールの件名は、「アカウントのセキュリティ審査を実施してください」との文言もので、本文内には「セキュリティ要素の低い低いアカウントを審査する」との内容と合わせてURLリンクが記載されています。
URLリンク先には、Amazonのログイン画面に似せたページが用意されており、IDとパスワード情報を入力させて、ユーザー情報を盗み取るもののようです。

【フィッシングメール内の偽装URL】

メール本文
http://takaha●●●●.com/
リンク先URL
http://help-support-management-support-●●●●.com/

フィッシング対策協議会は、以上のようなフィッシングメールを受け取った際には、Amazonにて使用しているメールアドレスや電話番号、パスワードをはじめ、各種個人情報(氏名、住所、生年月日、クレジットカード情報)などの情報を絶対に入力しないよう注意を呼び掛けております。
 

【参考URL】
フィッシング対策協議会