Appleになりすましたフィッシングメール流行 フィッシング対策協議会注意喚起

8月20日フィッシング対策協議会から、Appleになりすまして口座情報を盗み取ろうとするフィッシングメールが確認されているとして注意喚起が促されております。

今回確認されたフィッシングメールの内容は、「お宅の口座情報を早急に更新してください」という件名のもので、
本文内容には「外部から異常な登録があったことでアカウント情報の一部が失われたため口座情報を更新する」よう案内するという中国語からの翻訳らしき文言とともに、URLリンクが張り付けられております。

メール本文記載のURL
http://0nline●●●●.com/
偽装サイトURL
http://●●●●-product-menu-setting-appleid-apple.com/

リンク先では、Apple ID、パスワード、姓、名、生年月日、住所、電話番号、セキュリティ質問、クレジットカード情報(セキュリティコード含む)等などのユーザー情報を窃取するためのフォームが用意されているため、フィッシング対策協議会は絶対に入力しないよう注意を呼び掛けております。
また、今後類似のフィッシングメールおよび偽装サイトなどが確認される可能性から引き続き注意が必要とのことです。
 

【参考URL】
Apple をかたるフィッシング —フィッシング対策協議会