fbpx

「Avast」セキュリティアプリケーションで得たユーザー情報を複数の他社に販売

1月27日、セキュリティ企業「Avast」が、同社のセキュリティアプリケーションユーザーの利用情報を、同社の子会社を経由して複数の他社に販売していたとする情報が公開されました。

情報収集知らなかったユーザー

本件について取材を実施した「Motherboard」によると、Avastは、アプリでのデータ収集はユーザーの許可を得ていたと説明してる。
しかし、一方のユーザー側への取材では、「許可した自覚がない」、「データが販売されていることも知らない」とのコメントが多数得られたとのことです。
販売されていた情報には、Google検索、GoogleマップのGPSデータ、LinkedInページでの利用データ、YouTubeの利用内容、ポルノサイトの閲覧履歴などが含まれていたことが確認されております。

Avastのセキュリティアプリケーションは、日本国内においてもユーザーは多数おり、月間アクティブユーザー数は4億3500万人以上とのことです。
 

【参考URL】
Avast、セキュリティソフトで集めたユーザーデータを匿名化して企業に販売──米報道

最新情報をチェックしよう!