スマートフォン充電器から情報搾取され得る、新たな危険性

見知らぬスマートフォン充電器を使用すると、接続したスマートフォンやPCが遠隔操作される危険性が発見されました。

一見スマートフォンの充電ケーブルでありながら、内部にはWi-Fi基盤が取り付けられており、これを使用した場合Wi-Fi経由で接続している端末の操作が可能とのことです。

ホテルや施設での充電ケーブル貸出時やショップ商品に紛れ込ませるといった悪用されることで、被害が拡大する危険性が新たに想定されます。

今回のように、物理的な接続におけるサイバーセキュリティは、簡単に破られる危険性があります。

第三者から提供されるケーブルや機器、USBなどを利用する場合は、その提供者が信頼できるものかどうか、十分に確認する必要があるでしょう。

また、そういった外部からのサイバー攻撃に対して、検知できるスマートフォン用のセキュリティアプリも存在するので、導入を検討してみてもいいのかもしれません。

【 参考URL 】
レンタルの充電ケーブルからスマホの情報を盗まれる時代がやってきた

Leave a Reply

Your email address will not be published.