fbpx

2020年より政府、クラウドの安全性認証制度導入の方針

2020年より、クラウドサービスの安全性認証を行い、政府の関係機関は認可されたクラウドのみ使用可能とする制度の導入を進めている。 重要な国内インフラ(電力や鉄道など)企業にも、同様の許可されたクラウドのみを利用させる方向だ。

中国からのサイバー攻撃に対抗する一手としており、数段階の安全基準を設けて審査し、基準をクリアしたクラウドを優先的に使うとのこと。

米英などから日本の情報セキュリティの面を不安視されており、今回の認証制度は諸外国に対しての不安の払拭も兼ねているようだ。

【参照URL】
データ ネット保管に基準…クラウド 国が安全認証へ