fbpx

日本のセキュリティ対策遅れ 海外犯罪グループによる偽造クレジットカード被害止まらず

日本のクレジットカードのセキュリティ対策は、アジア圏や欧米各国と比べると遅れていることは問題視されており、海外の犯罪グループにとっては格好の的と捉えられている現状です。

クレジットカードには2種類あり、磁気テープでデータの読み書きするタイプと集積回路(IC)に保存するタイプがあります。IC式は情報を暗号化する仕様から偽造されにくいが、磁気式はデータの読み出しや書き換えが容易で、特殊な機器さえあれば偽造は可能とのこと。

国は現在、オリンピックを筆頭に大きなイベントに合わせたインバウンドと、キャッシュレス化を積極的に進めているが、セキュリティー強化の側面も大きな課題となっている点は無視できない課題です。

【参考URL】
偽造クレカ横行 進むキャッシュレス化もセキュリティーに課題