10連休GWにサイバー攻撃流行の危険性

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)より、10連休のゴールデンウイークにサイバー攻撃の被害が増加する可能性があると注意喚起を発しました。

ゴールデンウイークには各システム担当者が不在となるため、サイバー攻撃への対処が遅れてしまうことが懸念されている理由です。

新元号に便乗したフィッシング詐欺も次々に確認されていることも伴って、今年は例年以上の注意が必要となりそうです。

【参考URL】
10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)


Leave a Reply

Your e-mail address will not be published.