北海道情報大学 学生の一部個人情報含まれるUSBメモリ紛失

概要

7月24日、電子開発学園北海道情報大学は、勤務していた非常勤講師が、個人情報が含まれるUSBメモリを紛失したとの情報を公開しました。
 

被害内容

紛失したUSBメモリには、大学内の科目「日本語表現I」「日本語表現II」の平成26年度から令和元年度までの生徒の情報が保存されており、全213名の履修者の氏名、出席状況、成績および評価に関する内容とのことです。

現時点で、紛失したUSBメモリからの悪用につながる情報はないとのことです。
 

原因

7月8日、USBメモリを所持していた講師の、大学からの帰路どこかで紛失したとみられており、すぐに学内や通勤経路、公共交通機関への問い合わせなどを行ったが未だ発見されておりません。
また、警察への遺失届もすでに済ませているとのことです。
 

対応

北海道情報大学は、今後の対策として、学内関係者全員に個人情報保護と管理のルール遵守を徹底するとのことです。
 

【参考URL】
非常勤講師が個人情報を保存したUSBメモリを紛失、一部はパスワード設定(北海道情報大学)