スマートフォンアクセサリー会社 メール誤送信で19名の顧客情報流出

9月21日、スマートフォンアクセサリーを中心に取り扱う「坂本ラヂヲ株式会社」は、メールの誤送信により顧客情報が複数流出したと情報公開しました。

概要

9月20日
坂本ラヂヲ社が受注していた予約製品の発送が遅延するとの旨を、該当顧客にメールにて連絡を行った後、受信者から問い合わせが入り問題が浮上しました。
同社担当者はメール送信時、「TO」設定のまま送信したことで、メール受信者すべてのメールアドレス情報が受信者間で閲覧できる状態になっていたというものです。
このメール誤送信により、メールアドレス情報19名分が流出したことが確認されております。

対応

坂本ラヂヲ社は、メール誤送信した19名の顧客に対して個別に謝罪の連絡を行ったとのことで、追って該当メールの削除依頼をするとのことです。
また、今後メールの一斉送信の際は従来のメールソフト使用を禁止し、アドレスリストからの個別送信が可能なシステムを使っての再発防止を図るとのことです。
 

【参考URL】
誤送信でメールアドレス流出、今後通常メールソフト使用禁止しシステム対応