NHK職員メールのミス送信により、関係者メールアドレス情報拡散

2月12日NHKは、都内にて開催したイベント参加申込者に対しメール送信時のミスで、受信者間でアドレス情報が確認できる状態になっていたことを表明しました。

悪天候によりイベントが中止になる可能性がある旨を参加申込者にメールを送信する際、「BCC」にて送るべきところを誤って「TO」で一斉送信してしまったことが原因でした。結果、受信者間で互いにアドレスおよび参加者が確認できる状況になってしまいました。

受信した参加者からの指摘により発覚し、NHKサイドは即座に謝罪とメール情報の削除依頼をし、特にトラブルは起こらなかったとのことです。

【参照URL】
NHK関連団体が不適切な形でメールを送信し謝罪
NHKがメール誤送信 参加者の氏名やメルアド丸見え