ボルボ従業員メール誤送信により、顧客情報2940名分が漏洩発覚

8月8日ボルボ・カー・ジャパンの直営店「ボルボ・カー虎ノ門」にて、顧客2940名分の個人情報が流出したとして情報開示しました。

経緯

ボルボ・カー虎ノ門は、7月18日商品情報を顧客29名に対してメール配信した際、担当者が誤って、店舗で所有していた顧客2940名の個人情報が入ったファイルを添付して送信したというものです。
その後、メールを受信した顧客からの添付ファイルについての連絡を受けたことで、メールの誤送信問題が発覚しました。

被害内容

今回のメール誤送信により流出した個人情報は、ボルボ・カー虎ノ門の顧客2940名の住所や氏名、電話番号、メールアドレス、購入検討車種などが含まれておりました。

その後の対応

ボルボ・カー虎ノ門は、問題発覚後、個人情報が流出した該当顧客2940名に対して書面による謝罪を行い、また、誤送信した29名に対して、個人情報ファイルの削除を願い出ました。現在28名の顧客からは削除の同意を得ておりますが、1名がまだ連絡がついていないとのことです。
また、ボルボ・カー・ジャパン社は、今後の対策として、個人情報や重要なメールを送信する際の社内規定や、ファイルの暗号化および上長の承認を必要とするシステム導入などを行うとしております。
 

【参考URL】
ボルボ・カー・ジャパン、2940名の個人情報流出 再発防止を徹底