Google下請け業者、「GoogleHome」などからユーザーの音声を録音収集していた事実が判明

 
Googleが提供するAIアシスタント「Googleアシスタント」を経由して、録音されていたユーザーの音声情報が、同社の下請け業者に収集されていることが判明しました。

収集されていたユーザーの音声内容

Google社製のAIアシスタントであるGoogleアシスタントは、スマートスピーカー「GoogleHome」や、スマートフォンのアプリなどに搭載されており、これらの品質向上を目的として、Googleの下請け業者複数名がユーザーの音声情報を収集していたとのことです。
ベルギーのメディア「VRT」は、実際に業者の一人に取材を行ったことで、1000件以上のユーザの音声データが収集されており、名前や住所に関する音声も含まれていたとのことです。

VRTは、本件についてGoogleに問い合わせたところ以下のような返答だったとのことです。
「この作業はGoogle アシスタントのような製品を支えるテクノロジーの開発にとって非常に重要です。
分析対象となる音声データは全体のわずか0.2%ほどであり、いかなる個人情報あるいは個人を識別可能な情報とも結びついていない」
 

【参考URL】
Google アシスタントが収集した会話がGoogleの下請け従業員に聞かれている