ハッカーたちに盗まれた、個人IDとパスワードが共有状態に

過去にわたり世界規模でハッカーたちが盗んだ様々なIDやパスワードは、累計で22億件にものぼるとされており、それらの情報は巨大なデータベース化され、今や共有化されているような状況になっているとのことです。

数年前までのハッカーたちは、オンラインストレージの「Dropbox」やビジネスシーン向けのSNSサービス「LinkedIn」などからアカウント情報を盗んだのち個別に悪用するか、ダークウェブ上で高額で取引するといった行動をとっていました。

現在はハッカーたちより、これまでに盗まれ、蓄積したデータは共有化されているような状況で、一部の情報は無料でやり取りされており、少々の知識があればだれでもてにいれることができる事態に陥っているとのことです。

 
【参考URL】
ハッキングされた個人情報が無料でシェアされる時代、その価値はもはや失われつつある

Leave a Reply

Your email address will not be published.