fbpx
現在サイバーセキュリティ総研ではエンドポイントセキュリティに関する電話調査を行っております。

山口県立大学教員のメールアカウント乗っ取り 大量のスパムメール送信加害者に

5月29日山口県立大学にて、教職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、大量の迷惑メールを送信されたことが判明しております。

不正アクセスは海外から受けてたことが判明しており、攻撃者がスパムメールを送るための踏み台(身代わり)として教員のパソコンを利用されたとのことで、学校側は被害が発覚した後すぐアカウント情報を変更したことで被害はその後確認されておりません。

また、メールアカウントの乗っ取り以外に、学内システムへの侵入や情報漏洩などの被害は現時点で確認されていないとのことです。

【参考URL】
教員用メールシステムへの不正アクセス、大量の迷惑メール送信の踏み台に