fbpx

青森県弘前市で職員2700名の個人情報流出発覚 職員による情報の持ち出しか外部からの不正アクセスか

12月13日青森県弘前市の職員2700人分の個人情報が流出した可能性があるとの情報が公表されました。

発覚経緯

11月18日弘前市の人事課に「職員の個人情報が記載されたファイルが流出している。マスコミへの情報提供も考えている」という匿名のメールが届き問題が浮上しました。
その後12月12日青森県の新聞社「東奥日報社」に個人情報が含まれるExcelファイルが届いており、弘前市の確認によると、市で扱っているものと内容が酷似していたことで、情報が流出している可能性が発覚したとのことです。

被害状況

流出したとみられる情報は、2017年時点で弘前市の市役所、教育委員会、消防、病院などに勤務していた職員および非常勤職員の氏名、住所、月給、学歴など70項目もの情報が含まれていたと確認されました。
これらの情報は弘前市の人事課職員およそ20人のみということから、職員のデータ持ち出しか、外部からの不正侵入の可能性も含め調査中とのことで、現時点で流出した情報の悪用は確認されていないとのことです。
 

【参考URL】
青森県弘前市で市職員およそ2700人分の個人情報流出か

最新情報をチェックしよう!