長崎県壱岐市にてメール誤送信 メールマガジン登録者129名のアドレス情報流出

9月27日長崎県壱岐市の政策企画課地域創生人口減少対策班において、メールの誤送信により複数の個人メールアドレス情報が流出したことが明らかになりました。

概要

9月25日壱岐市政策企画課は、「第7回イキイキお結び大作戦参加者募集」に関する案内連絡をメールマガジン登録者にメールで一斉送信を行った際問題が発生しました。
メール送信時に宛名欄が「TO」設定のまま一斉送信したことで、全受信者間でメールアドレス情報が閲覧できる状態だったというものです。

流出した情報は、メールマガジン登録者129名分のメールアドレスが確認されております。

対応

壱岐市は129名のメールマガジン登録者への謝罪および、当該誤送信されたメールの削除を依頼しております。
また、並行して壱岐市全職員に対してメールの取り扱いについての教育および、メール送信時にはダブルチェック体制を整え再発防止を図るとのことです。
 

【参考URL】
第7回イキイキお結び大作戦参加者募集の案内メールを誤送信、129件のアドレスが流出