気象庁になりすますスパムメール流行 不審なアプリダウンロードを促す内容に注意

11月6日気象庁より、同庁をなりすましたスパムメールが流行しているとして留意喚起が促されております。

概要

気象庁に対して、不審なアプリのダウンロードを誘導する類のメールが届いたとの問い合わせが複数あったことから問題が浮上したというもので、同庁とは全くの無関係に送られているとのことです。

メール本文には、パソコンや携帯などで地震の早期警告を受け取れるとの偽る情報が記されており、偽のアプリをダウンロードさせることを目的としたものと確認されております。

気象庁は、アプリやメールの配布は実施しておらず、もし不審なメールが届き本文内にリンクの記載がある場合はアクセスしないよう注意を呼び掛けており、金銭的な被害が発生した場合は直ちに警察への被害届の提出を勧めております。
 

【参考URL】
気象庁の報道発表を装った迷惑メールにご注意下さい