JCBと偽るフィッシングメール流行 フィッシング対策協議会注意喚起

11月12日フィッシング対策協議会は、クレジットカードブランドJCBが提供する会員向けサービス「MyJCB」になりすますフィッシングメールが流行しているとして、注意喚起を促しております。

メール件名

現在確認されているフィッシングメールの件名は以下の通りです。

・MyJCBカードダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます
・【重要】お客様の【MyJCBカード】が第三者に利用される恐れがあります。
・【重要:必ずお読みください】
・MyJCBカード 【重要:必ずお読みください】

メール本文

フィッシングメール本文には、「あなたのクレジットカード口座が第三者によって使用されていることを検知した」、「口座が資金の安全のために凍結された」などの文言が記載されており、webサービスのIDパスワードを再登録するよう誘導する内容が確認されております。
本文には、外部ページへのURLリンクが追記されており、アクセスするとMyJCBサービスで使用しているID、パスワード、クレジットカード番号、有効期限、お名前、生年月日、電話番号、セキュリティコードを入力する偽装ページが用意されており、これらを入力すると情報が窃取される危険があるというものです。

対策

フィッシング対策協議会は、これらの情報の入力を絶対にしないよう呼びかけを行うと同時に、MyJCBサービスを利用する場合は、メール内のリンクではなく、アプリやブックマークなどからアクセスするよう推奨しております。
 

【参考URL】
MyJCB をかたるフィッシング