奈良県「ジョブならnet」のシステム設定に誤りで、個人と企業間でメールアドレス情報流出

11月12日奈良県が運営する、県内就職サイトである「ジョブならnet」にて、メールアドレス情報が漏洩したことが判明しました。

奈良県によると、平成24年に「ジョブならnet」の機能拡充の際にシステム設定に誤りがあり、同サイトの求職利用者と登録企業のメールアドレス情報が互いに閲覧できる状態にあったとのことで、以下のとおり詳細を公表しております。

・企業が求職者にスカウトメールを送信すると、企業のメールアドレスへCCで送信されることで求職者のアドレスが企業側に流出する
・応募機能を利用した求職者が企業に応募メールを送信すると、企業のアドレスが求職者側に流出する

奈良県は、問題発覚後「ジョブならnet」のスカウトメール機能を停止する措置をとっており、現在は全ての利用者は利用できないようになっております。
合わせて、サイト内のシステム改修と、従業員への意識啓発を進め、再発防止を図るとのことです。
 

【参考URL】
県就職応援サイト「ジョブならnet」における個人メールアドレスの情報漏洩事故について