鎌倉市中央図書館がメール誤送信 登録ボランティア10名の個人情報やメールアドレス情報流出

9月27日神奈川県鎌倉市は、メールの誤送信により受信者の一部個人情報やメールアドレスが流出したとして情報公開しました。

概要

9月25日鎌倉市の中央図書館に登録しているボランティア10名に向けて、同図書館が「2019年下半期の活動予定表」を一斉送信する際に、宛名欄を「To」設定のまま送信したというものです。
これにより、メール受信者のボランティア10名全員のメールアドレスおよび個人名が流出することとなりました。

対応

鎌倉市中央図書館はメール受信者であるボランティア10名に説明と謝罪を行い、当該メールを削除するよう願い出ております。
また、今後の再発防止として、図書館内のネットワークを使用した個別メール配信を一切禁止し、セキュリティ対策が施されている鎌倉市内のネットワーク環境を利用する方針です。
 

【参考URL】
図書館登録ボランティアへのメール誤送信、今後図書館からの個別メール送信自体を行わない対策