川崎市立橘高等学校でランサムウェア被害発生 情報流出なくも感染経緯特定できず

11月1日、神奈川県川崎市立橘高等学校の校内ネットワークサーバーがランサムウェアに感染していたことが判明しました。

概要

10月28日午前、橘高等学校職員が校内ネットワークサーバーにアクセスした際、Wordアプリケーションが暗号化されており、画面上には脅迫を意図する英文が表示されており、ランサムウェアタイプによるものと見られております。

被害状況

ランサムウェアによる被害があったサーバー内には、生徒が作成したものや教員が作成した進路指導および授業に関する資料などのデータが含まれていたことが確認されております。
現時点では、これらの情報の流出や他の校務用ネットワーク、行政に関わるシステムへの影響は確認されていないとのことです。
また、ランサムウェア感染の経緯は特定できておらず、現状は被害拡大を防ぐため校内ネットワーク上で使用する端末の使用禁止する措置が取られているとのことです。

川崎市は今後、警察および外部の調査機関と連携しセキュリティ強化を施し再発防止を進めるとしております。
 

【参考URL】
市立高校の校内サーバーがランサムウェアに感染