仏壇仏具オンラインショップに不正アクセス被害発生 30,830件のクレジットカード情報流出か

7月22日、創価学会の専用仏壇仏具及び関連商品の販売を行う「株式会社 金剛堂」の運営するオンラインショップにおいて、外部からの不正アクセスを受け利用者のクレジットカード情報が流出した可能性があると判明しました。

金剛堂社オンラインショップの決済代行会社から、利用者のクレジットカード情報が不正に利用されているとの連絡が入ったことで問題が浮上しました。
外部の調査機関にすぐさま依頼を行ったところ、オンラインショップにクレジットカード情報の抜き取りを目的とする悪意ある仕掛けが確認されたとのことです。
被害は2014年12月31日から2019年2月21日の間に、同オンラインショップにてクレジットカード決済を行った利用者が該当し、カード名義、カード番号、有効期限、セキュリティコードを含めた各情報トータル30,830件とのことです。

金剛堂社は、7月23日より該当する被害者に対して謝罪文を送り、大阪府住吉警察署に被害報告や、クレジットカード会社との連携などでセキュリティ強化に向けて取り組むとのこと。
また、同社のオンラインショップでのクレジットカード決済は、安全確保がされるまで停止しております。

【参考URL】
「金剛堂オンラインストア」への不正アクセスによるクレジットカード情報流出に関するお詫びとご報告