ライフコーポレーション社員 客の個人情報情報含まれたUSB紛失により情報漏洩の恐れ

スーパーマーケットチェーン「ライフ」を運営する「ライフコーポレーション」は、4月23日ライフ2店舗(クロスガーデン調布店、青葉しらとり台店)にて、客の個人情報と社内データを記録したUSBメモリを紛失したと公表しました。

原因は、同社社員がUSBメモリを社外に持ち出したことによるもので、使用後行方が分からなくなり、社内外捜索と警察署へも紛失物依頼をかけたが今も見つかっていないとのこと。

メモリ内には1万3987人分の客の氏名をはじめ、住所、購買データ(ポイントカードID、アプリ登録されている客のアプリ専用ID、性別、年代、購買情報)のデータが記録されていたとのことで、現時点ではこれらの情報が流出した形跡は確認されていません。

【参考URL】
ライフ/個人情報を含むUSBメモリ紛失