クラウド型電子手帳アプリ「Lifebear」 ハッキングによりユーザー情報流出の疑い

Lifebearは、クラウド型電子手帳アプリ「Lifebear」のユーザー情報が流出している疑いがあると、外部からの指摘により発覚したことを発表しました。

現時点で判明しているのは、外部からのハッキングによる被害を受け、ユーザーアカウント情報(メールアドレスやパスワード)が盗まれている可能性が高いとのことです。

「お客様および関係者の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを深くお詫び申し上げます」として、警察や弁護士などと連携し対応を続けているとのこと。

【参照URL】
Lifebear、個人情報が漏れた可能性を認める「ご迷惑とご心配」

Leave a Reply

Your email address will not be published.