5000円から手に入る製造業ターゲットにするサイバー攻撃用ツール トレンドマイクロ調査

9月25日トレンドマイクロは、製造業をターゲットにするサイバー攻撃用のツールについての調査報告書を公開しました。

報告書によると、製造業で使われるシステムへのハッキングや不正利用に利用される攻撃ツールは、インターネット上で5000円から1万円ほどで流通しているとのことです。
これらの攻撃ツールは、製造メーカーの制御システムの認証パスを解析および侵入し、技術情報(CADファイル、ソースコード、機密文書など)を盗み出すことが可能となる機能が備わっているとのことです。
また、インターネット接続共有が可能となるツールも確認されており、悪用された場合、制御システムが遠隔操作されてしまい、意図的に異常動作を引き起こされる危険があります。

こうした攻撃用ツールは、製造メーカーが保有する技術情報を盗み出すことを目的とした産業スパイにより提供されているとのことです。
 

【参考URL】
製造業のシステムを狙う攻撃ツールは約5000円から