東京都港区職員 メールの誤送信で31名のメールアドレス情報流出

 
7月4日東京都港区総合支所協働推進課にて、メールの誤送信により31名のメールアドレス情報が漏洩したことが明らかになりました。

「To」設定によるメールの誤送信と発覚経緯

7月3日港区麻布地区総合支所協働推進課の職員が、地域活性化を目的とする組織「麻布地区政策分科会」の関係者複数名に対して、周知連絡をメールで送る際、「BCC」ではなく「To」設定で送信したことが原因でした。
また、メールの送信時、他の職員による確認もされていなかったことも判明しております。
今回のメール誤送信で、流出したメールアドレス情報は31件だったとのことです。

7月4日の午前に他の職員が、送信メールの確認をした際に誤送信に気づいたことで問題が発覚したとのことです。
その後誤送信した該当者に説明と謝罪連絡を行い、職員間でのメールチェックをっていして改善を図るようです。
 

【参考URL】
麻布地区政策分科会委員へメール誤送信、31名のアドレス流出