森永乳業インターネットセキュリティ環境改善のため新たにシステム導入 効果検証とコメント公開

10月16日森永乳業が、日立ソリューションズが開発した情報漏洩対策用システム「秘文 Device Control」の導入を実施し、その効果について公表しました。

森永乳業社内においては、ソフトウェア「秘文」を用いて不正アクセスや盗難などへの対処としていたものの、サイバー攻撃の激化や情報漏洩のリスク回避、なおかつVPN接続の自動接続が可能なセキュリティ環境が必要と判断に至ったとのこと。

「秘文 Device Control」はインターネット接続および利用時の安全性を可視化や証跡できるサービスで、森永乳業社は従業員のパソコン500台に導入し、以下4つのポイントをメリットとして挙げました。

・新たなにサーバーを調達する必要がなく、システム環境のシンプル化になった
・設定が容易で、2時間ほどで社内のシステム構成が成り立った
・設定に基づいて、パソコンの動作状況が確認しやすい
・インターネット利用上の安全性がログとして提示できる

森永乳業社は、従業員の外出先や自宅からの安全なVPN接続が実現したことで、運用負荷を軽減や今後の働き方改革に役立てるとのコメントしております。
 

【参考URL】
森永乳業、社員PC500台超に「秘文 Device Control」導入–ネット利用を可視化・証跡化