国民生活センター注意喚起 マスク高額架空請求のフィッシングメール流行

3月12日、国民生活センターは、新型コロナウイルス流行に便乗し、高額でマスクを架空販売するフィッシングメールが確認されたとして注意喚起を進めております。

不審なメールの概要

国民生活センターに寄せられた情報によると、産業資材を扱うメーカー名の宛名でメールが届いたとのことで、本文内にはマスクの広告とみられる不審な情報が記載されていたというものです。

情報提供者に届いたメール内容一部

◆商品概要・規格
商品名:【マスク】風邪 4層 吊り耳 PM2.5対策 男女共用 在庫あり。
価格:41,800円
梱包形態:5枚/袋×6=30枚/ケース
◆特徴
・ウイルス、バクテリア、PM2.5、H7N9、自動車および産業排気ガス、塵、花粉、浮遊塵などをろ過して、汚染された空気の侵入を対策します。
・ウイルス、細菌、花粉、ホコリ等の侵入をブロックする、防水性もあり、99%ウィルス飛沫カット、日常生活の抗菌・防臭・消臭対策にも効果を発揮します。
◆文末には外部ページへのリンク

メーカーになりすます架空販売

国民生活センターが、当該メーカーに問い合わせたところ
「当該メールは架空であり、(内容に記載されている)マスクも取り扱いはない」
「URLの表記が異なる」
「同様の問い合わせが複数寄せられている」

との回答を受けたことです。
その後、架空メール内のリンク先ページは閉鎖されていることも確認されております。

消費者への注意喚起

国民生活センターには現在も、マスク入手が困難な状況を悪用する手口とみられる被害に対しての相談が相次いでいるとのことで、消費者ごとでの注意を呼び掛けております。
メール内のURLにアクセスすると、フィッシングサイトに誘導され個人情報窃取される可能性があることから、アクセスや記載のある電話番号への問い合わせは絶対に行わず、事業者の正規のホームページや問い合わせ窓口で事実確認するようアドバイスされております。
 

【参考URL】
新型コロナウイルスに便乗した架空の“マスク販売広告メール”にご注意

最新情報をチェックしよう!