fbpx

アメリカニューオリンズ市庁舎のコンピュータにランサムウェア検知 一部行政や警察のネットワークにも影響

12月13日、アメリカのルイジアナ州ニューオリンズ市において、ランサムウェアが検知されたことで市のコンピュータが使用できない事態になったとの情報が公開されました。

概要

ニューオリンズ市の最高情報責任者「キム・ラグルー」氏の記者会見によると、13日午前にランサムウェア感染を目的としたサイバー攻撃が検知されたとのことで、情報技術部門から市庁舎で使用しているコンピュータおよびサーバーをシャットダウンする対応を行ったとのことです。
これにより、現在ニューオリンズ市の各行政機関や警察内のコンピュータが使用できず、インターネットやサーバーへのネットワークからも遮断されている状況とのことです。
なお、攻撃に則した金銭要求やフィッシング攻撃を用いた個人情報への不正アクセスは確認されていないとのことです。

現在も同市へのサイバー攻撃について調査が継続しており、ルイジアナ州警察やFBI、米財務省検察局なども支援している状況とのことです。
 

【参考URL】
米ニューオリンズにサイバー攻撃、市はシステム落とし非常事態宣言。セキュリティ訓練で被害最小限

最新情報をチェックしよう!