新潟県産業労働部労政雇用課がメールの誤送信で260社のアドレス情報流出させる

11月11日新潟県産業労働部労政雇用課が、メールの一斉送信時の誤りで県内の企業メールアドレス情報を流出させたとして情報公開しました。

概要

11月11日の午後4時42分、新潟県産業労働部労政雇用課の職員が、「女性・高齢者等活用/活躍推進セミナー」のイベント情報を関係企業に一斉メール送信を行う際、本来「Bcc」で送信すべきところを誤って「Cc」設定で実行したというものです。
これにより、受信企業間でアドレス情報が閲覧でできる状態になっており、受信した企業側からの指摘で誤送信が発覚したとのことです。

被害情報

流出した情報は、「女性・高齢者等活用/活躍推進セミナー」のイベント情報を関係企業のメールアドレス260社分で、共通アドレスに混ざり担当従業員の個人アドレスとみられる情報も含まれていたことが確認されております。

対応

誤送信発覚の11日、同課は謝罪メールの送信とともに当該メールの削除を願い出ております。
また、今後の対策として、外部へのメール送信時には複数人でのチェック体制を設け再発防止を図ると公表しております。
 

【参考URL】
メールの誤送信について