新潟県業務委託先企業がメール誤送信 個人情報やメールアドレス情報流出

9月13日、新潟県が介護人材採用を目的とする介護助手確保支援事業の委託先で、個人情報漏洩の事実があったとして情報公開しました。

概要

新潟県の介護助手確保支援事業委託先の企業は「株式会社新潟日報事業社」で、同社が介護事業所にメールを一斉送信する上で、誤ってTo設定で送信したというものです。
これは、同メールのCcに新潟県担当者が含まれており、誤りのあるメールを受信したことにより問題が発覚しました。

被害状況

当該メールの誤送信により、事業担当者の氏名、メールアドレス6件、法人名、メールアドレス5件がそれぞれ漏洩したことが判明しております。
また、新潟日報事業社は以前にも同様の設定でメール送信していた可能性もあることから、並行して調査が進められております。

対応

新潟県は、誤送信によるメールを受信した各介護事業所担当者に対して状況説明およびメールの削除依頼を要請し、新潟日報事業社に対しては個人情報管理について適切に行われるよう指導を行うとしております。
 

【参考URL】
委託事業者が一斉送信メールで「TO」欄にアドレス入力、過去にも同様の事案の見込み