ニッポンレンタカー社内のパソコンがウイルス感染 なりすましメールに注意喚起

11月18日ニッポンレンタカーサービス株式会社は、11月5日に同社のパソコンがウイルス感染した件についての続報と、今後のなりすましによる不審メールへの注意喚起を促しております。

経緯

10月18日以降顧客に対してニッポンレンタカーサービス社になりすました不審なメールが複数送信されていることが確認されたことにより問題が浮上しました。
その後警視庁や外部の調査機関による調査で、11月5日ニッポンレンタカーサービス社より、顧客対応用のパソコンがウイルス感染し複数の顧客情報が漏洩した可能性が公表されました。

今後の対策

現在、当該パソコンの使用停止および全ネットワークから遮断されており、ほかの端末やシステムへの悪影響は確認されていないとのことです。
11月18日時点では、調査機関による調査結果では具体的な情報流出は確認されなかったとして続報されております。
ニッポンレンタカーサービス社は、「情報漏洩の発生を全く否定するものではないため、改めましてお客さまに不審メールに関してご注意いただきたく、ご案内させていただくもの」としてホームページ上で掲載し、同社を騙る「身に覚えのないメールや英文表記など内容が怪しいメール」に対して引き続きの注意を呼び掛けております。
 

【参考URL】
【重要なお知らせ】 ニッポンレンタカーの名をかたった不審メールにご注意ください