沖縄銀行ネットバンキングに不正アクセス被害発生か ユーザーへ不正送金防止に向けた呼びかけ実施

9月30日、沖縄銀行のインターネットバンキングサービスにて、不正アクセスによる不正送金被害が発生していると判明しました。

沖縄銀行は、インターネットバンキングユーザーの「eパートナー法人」および「eパートナー個人」に対して、それぞれ個々でのセキュリティ対策を行うように推奨しております。

沖縄銀行推奨のセキュリティ方法

eパートナー法人
・電子証明書方式に切り替え
・ワンタイムパスワードの手続き(2016年9月1日以前契約の法人推奨)
・簡易なパスワード設定を避け、定期的な変更を行う
・パソコンのバージョン更新およびセキュリティソフト導入
・メール受信設定をスマートフォンや携帯電話に設定

eパートナー個人
・簡易なパスワード設定を避け、定期的な変更を行う
・不特定多数が利用する公共のパソコンなどでインターネットバンキングは使用しない
・ログインおよび取引履歴の確認
・パソコンおよびスマートフォンのバージョン更新およびセキュリティソフト導入

被害状況詳細は不明

現在沖縄銀行からは、不正アクセスや不正送金による被害状況や経緯などの詳細は明かされておりません。
ユーザーに向けて、 インターネットバンキング 経由で不審な取引があった場合の問い合わせ先として「おきぎんEBセンター」(0120-120-288)を窓口として設けている。
 

【参考URL】
不正アクセス・不正送金被害が発生しています