大阪市教育委員会ホームページ上に市民団体法人情報公開 担当者の確認不足原因か

10月21日大阪市教育委員会のホームページ上にて、公開されている市民団体からの要望に関する書類データ内に法人情報が含まれていたことが明らかになりました。

概要

9月ごろ市民団体から提出された要望書が、大阪市教育委員会の回答が添えられてホームページ上に公開される際、伏せるべき法人情報が処理されていないまま公開されていたというもので、10月18日に他局からの指摘で問題が判明しました。

原因は、ホームページ公開作業担当者の確認不足が挙げられており、チェック体制も不十分だったとのことです。

被害状況

公開されていた法人情報は、市民団体からの要望書に押印された法人印影1件で、9月から問題が発覚した10月18日までの公開期間中48件該当ページへアクセスがあったことが確認されております。

対応

問題発覚後大阪市は、大阪市教育委員会ホームページ上から該当のデータを消去し、市民団体代表者に謝罪を行ないました。
また、今後はホームページへの資料公開時は複数人で確認を実施し、再発防止を図るとしております。
 

【参考URL】
市民団体からの要望書の印影を黒塗りせずにホームページ公開