セキュリティパッチ適用遅延による脆弱性を問題視 サイバー攻撃被害要因

セキュリティ企業「Tripwire」は、セキュリティパッチの適用とサイバー攻撃による被害との関連性についての調査結果を発表しました。

調査内容は、IT技術者340人を対象にした調査を行いました。
調査によると、回答者の27%はセキュリティパッチを適用していないことで脆弱性が発生し、サイバー攻撃の被害に遭ったという。

また、セキュリティパッチが公開されてから適用までの期間については、「即座に適用する」とした回答者はわずか9%で、90%以上が「1カ月以内に脆弱性を修正する」という結果がでたとのことです。

【参考URL】
企業におけるセキュリティインシデント–27%はパッチの未適用が原因