「PayPay」なりすますフィッシングメール流行に注意喚起 フィッシング対策協議会

11月22日、フィッシング対策協議会よりスマートフォンQRコード決済サービスである「PayPay」に偽装したフィッシングメールが流行しているとして注意喚起が促されてります。

概要

確認されているフィッシングメールの件名には以下のものが挙げられております。

・PayPay 加盟店のお申込み
・PayPay : ●●●●
・今すぐアカウントを更新

また、フィッシングメール本文には、PayPay加盟店への申し込みや、アカウント情報の更新などの理由とし、外部ページへのリンクが記載されております。
リンク先では、利用者のメールアドレスや氏名、連絡先電話番号などの個人情報窃取を目的とするフィッシング詐欺ページとなっております。

対策

フィッシング対策協議会は、個人情報やパスワードなどを絶対に入力しないよう注意を呼び掛けており、またPayPay株式会社もフィッシング詐欺かどうかの判断が難しい場合は、メールに記載されているリンクはクリックせず、PayPayアプリやブラウザのブックマークから利用するよう推奨されております。

また、現在確認されているフィッシングメール詐欺メールおよびサイト以外にも、類似のフィッシング詐欺が見つかる可能性があるため、引き続きの警戒が必要とのことです。
 

【参考URL】
PayPay をかたるフィッシング