アメリカ諜報機関の技術が盗まれ、ハッカーたちに悪用されていた事実が判明

アメリカ国家安全保障局(NSA)の諜報活動のためのツールが、中国のハッカー集団に分析され盗用されていたことが明らかになった。

中国の「Buckeye」というハッカー組織により、NSAが使用したハッキングツールを分析し、他国への攻撃に再利用していたようで、
セキュリティ企業シマンテックの研究者たちにも、「攻撃時に相手のハッキングツールを盗み取る」パターンは、これまで知られていませんでした。

Buckeyeは中国政府の支援を受けているとみられており、過去にアメリカの宇宙開発関連や、原子力推進技術などをターゲットにした攻撃もあり、非常に危険視されている組織です。

【参照URL】
諜報機関のハッキングツールが敵のハッカーに分析され「再利用」されていたと判明