続々と現れる新型ランサムウェアの被害拡大止まらず

ベトナム国内においてサイバーセキュリティ分野大手の「Bkav」は、国内の100社以上の企業がランサムウェア(身代金ウイルス)の攻撃を受けていると注意喚起を促しております。

今回最も増えている被害の原因のウイルスは「32.WeakPass」という新型です。
典型的なランサムウェアの系統とみられ、PC内のデータをロックされ、解除と引き換えに金銭を要求されます。

今回のサイバー攻撃は、アメリカやロシア、ヨーロッパ方面から攻撃を受けているとのこと。

参考URL
◆身代金ウイルスの感染が拡大中―ベトナムの企業・組織を攻