RIZAPのメールアカウントに不正アクセス被害 外部から不正なメール2111件送信される

11月6日RIZAP株式会社のメールアカウントに第三者にのっとられ、外部へ不正なメール送信や個人情報が流出した可能性があると明らかになりました。

概要

10月31日RIZAP社のメールアカウントに外部からの不正アクセスが発覚、同社のメールアカウントを踏み台されて、関係企業1648社2111件に対してスパムメールが送信されたというものです。

RIZAP社は、問題発覚後調査機関への調査依頼を実施したところ、現状で攻撃者への情報流出、および持ち出された痕跡などの事実は確認されていないと公表しております。

RIZAP社は、「今回の事態を重く受け止め、RIZAPグループ全体における情報セキュリティ対策を改めて徹底してまいります。」とのコメントを同社ホームページ内にて掲載し、再発防止を図るとのことです。
 

【参考URL】
不正アクセスによる迷惑メールの送信に関するお詫びとお知らせ