ロシア政府運営の複数ウェブサイトから、国民約225万人もの個人情報が流出明らかに

複数のロシア政府のウェブサイトから、国民や公務員、政府高官など225万人もの個人情報やパスポート情報が流出したという。

サイト共同設立者による調査で、23のサイトで個人口座保険番号、14のサイトでパスポート情報が流出していたとのことで、約225万人以上のロシア国民の名前や肩書き、勤務先、メールアドレスがインターネット上で公開されている状態だったことが判明しました。

共同設立者は、同監督庁には幾度か情報保護について連絡を行っていたとのことですが、政府側での対応がなされていなかったことと、組織内管理体制の部分が原因ではないかとしている。

【参照URL】
ロシア政府の複数のウェブサイトから225万人分の個人情報流出か–政府高官らの情報も