滋賀医科大学医学部附属病院にて9名の患者情報含まれたUSBメモリ紛失

11月25日、滋賀医科大学医学部附属病院は、患者情報を含むUSBメモリを紛失したとして情報を公開しました。

紛失したUSBメモリは1つで、中には患者9名分の氏名、ID、医療機器に関する情報、疾患名などが記録されていたことが判明しております。
現時点で個人情報の流出および不正利用などの事実は確認されていないとのことです。

同病院は、問題発覚後被害に該当する9名の患者本人および家族に経緯の説明を済ませ、同時に再発防止を徹底して信頼回復に努めるとしております。
 

【参考URL】
個人情報が含まれたUSBメモリの紛失について