SMS利用した「スミッシング」詐欺の流行による被害増加傾向

スマートフォンのSMSを利用した「スミッシング」という詐欺の手口が流行しており、被害件数が急増していることがわかってきました。

トレンドマイクロの調べでは、SMSの偽メッセージにだまされて偽装されたページへのアクセス数は、昨年1~3月の123件から、同年10~12月の4万3982件と約360倍になっているとのことです。

大手通信企業を偽るケースが多いようで、偽のメッセージをSMSで送り、偽サイトに誘導した後、IDやパスワードを盗み取られることが確認されております。

【参照URL】
偽SMSで個人情報狙う「スミッシング」が激化 携帯事業者装い新手口も