創価大学で入学式の中止メールを立て続けに誤送信 入学出願者805名のアドレス情報流出

3月16日、創価大学の通信教育部事務室が、2020年度の入学出願者に向けたメールを誤送信しアドレス情報が流出したとする情報が公開されました。

概要

創価大学の通信教育部事務室は、「新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う創価大学入学式の中止について」と題するメールを、2020年度1期および2期への入学出願者に送付した際、宛先を「Bcc」にすべきところを、誤って「To」で送信したことで、受信者間でアドレス情報が閲覧できる状態になったとのことです。
その後、修正して再度メールを送信した際も同様に送信先の設定を誤った状態で実行したと説明しております。

なお、当該誤送信メールによる影響は、2020年度1期および2期への入学出願者805名分のメールアドレス情報が流出の対象とのことです。

創価大学は、個人情報取り扱いとメール発信時の手順とルール見直しを進めることで、再発防止を図るとしております。
 

【参考URL】
個人メールアドレスの流出についてーー創価大学

最新情報をチェックしよう!