日本はマルウェア拡散のための踏み台 パロアルト「マルスパム」攻撃調査結果

アメリカの大手セキュリティ企業「パロアルトネットワークス」の調査で、日本はマルウェア拡散のための踏み台にされているサーバーの数が世界でもトップに位置していることがわかりました。

同社は「マルスパム」という、企業をターゲットにスパムメールからのマルウェアを拡散させるサイバー攻撃を対象に調査をしたところ、この攻撃はセキュリティに対してのリテラシーが低い(OSのアップデートやメールフィルタリングによる対策を疎かにしている)企業が狙われると分析結果が出たとのことです。

【参考URL】
セキュリティ意識の低いユーザーや企業を狙うマルスパム攻撃–日本も多数被害