e-ラーニングのすららネット社 メール誤送信により1,305件の法人顧客のアドレス情報流出

11月15日株式会社すららネットは、メールの誤送信により複数の法人顧客のメールアドレスが流出したとして情報公開しました。

概要

すららネット社が、お知らせ情報をメールにより一斉送信を行う際「Bcc」設定で行うところ、操作ミスにより「To」設定にて実行したことで、受信者間でメールアドレス情報が閲覧できる状態になったというものです。

すららネット社は原因に、同社内でのメールを一斉送信する場合に行うダブルチェックが徹底されていないことを挙げております。

被害

すららネット社のお知らせメールをToにて受信した法人顧客のメールアドレス情報1,305件が確認されております。

対応

すららネット社は、今後の対策として、社員へのルール再教育と順守の徹底、個人情報取り扱いに関する注意喚起を進めると同時に、メールの誤送信を防ぐためのツールを運用するなどを実施していくとのことです。
 

【参考URL】
メールアドレス流出に関するお詫び