日本HP、PCでのテレワーク増加に伴うセキュリティ対策の重要性メッセージ

日本HPマネージャーは、4月から実施が始まった「働き方改革関連法」に伴うセキュリティ問題について注意を促しております。

「うちは小さな会社で、盗まれて困るような個人情報も機密情報もそれほどないんです」と、十分なセキュリティを施さずにPCの持ち出しを許可する中小企業も少なくないとのこと。

日本HPマネージャーは、「自社に重要なデータがないからといってセキュリティ対策を怠るのは禁物です」として、今後ますます増えるとみられるテレワークでのPC業務での、紛失や盗難、盗み見などの情報漏洩といったリスクへ対処への問題を提起しております。

【参考URL】
セキュリティを高めて「働き方改革」を促す