fbpx

東京都議会議員のメールアカウントに不正アクセス発覚 外部に向け不審なメール送信される

12月5日東京都議会は、議員が使用するメールアカウントが悪用され、不審なメールが外部に送信される事案が発生したとの情報が公開されました。

概要

12月5日議会局のメールを管理する通信会社から、日本共産党東京都議会議員団の「大山とも子」議員のアカウントが不正利用されている疑いがあるとの連絡があり、問題が発覚したとのことです。
議会局が調査を行った結果、12月3日から4日にかけて大山議員のメールアカウントが不正アクセスを受けており、不特定多数の外部に向け不審なメールが送信されていたことが確認さたとのことです。

東京都議会がホームページにて公開している不審メール内容によると、件名欄に“food poisoning”と記載されており、英文の文言とWordファイルが添付されているものとのことです。

対応

東京都議会は、当該不審メールを受信した場合は開くことなく削除するよう注意を呼び掛けており、誤って添付ファイルを開いた場合は、至急使用しているパソコンからLANケーブルを抜き、ウイルス対策ソフトでのスキャンを行うよう推奨しております。

なお、現在大山議員のパソコンは、ウイルスチェック後に正常稼働しており、個人情報が流出する被害は確認されていないとのことで、引き続き調査が進行中とのことです。
 

【参考URL】
都議会におけるメールアカウントの不正使用による迷惑メールの送信について

最新情報をチェックしよう!