東京オリンピック観戦チケット当選案内になりすますフィッシングメール確認される 増加の危険性に警視庁注意喚起

 
6月20日に発表された「2020年東京オリンピック」観戦チケット当選について便乗した、フィッシングメールが確認されたとして、大会組織委員会や警視庁サイバーセキュリティ対策本部などから注意喚起が促されております。
 

フィッシングメールの内容

 
「抽選結果について」という題材で、メッセージ内容に手続きを進めるためと、URLが記載されているフィッシングメールが確認されております。
大会組織委員会公式サイトからも、
「メールやSNS、広告など、巧みにリンクをクリックさせ、フィッシング等の不正なサイトに誘導する手口が増えています」
と、注意を呼び掛けております。
 

偽装メールとの見極めと今後

 
確認内容として3点以下の項目が、正式な案内内容となります。

・ドメイン
「ticket.tokyo2020.org」
・メール本文
実際の連絡内容にURLはない
・支払い方法
コンビニエンスストア利用可能で、30万円を超えるとVISAカードでの支払い。
※「 銀行口座 」支払いへの案内が含まれている場合は偽装メールの可能性が高い

 
今後増加すると予測される東京オリンピック当選関連のフィッシング詐欺に、各々での情報収集と注意が必要となります。
 

【参考URL】
結果発表にアクセス集中…東京五輪チケット抽選で注意喚起「URL付きは偽メール」